blog

All

TOA MEGASALEのご案内

みなさまこんにちは。本日はSALEのご紹介です。 今回、ブロードウェイ地下プチパリ 中央エスカレーター前で9/20(日)〜9/27(日)まで生地大セール祭を開催致します!お値段はなんと、¥180/m〜ご用意させていただいております。是非掘り出し物をお探しなってみてはいかがでしょうか?更に、生地をご購入されたお客様にはドリンクを半額でご用意しております。(※アルコールは除く) また、普段の店頭も通常営業しておりますので、是非ご覧になってみてください。お待ちしております!  

デニム製作工程

みなさまこんにちは。 店内商品から、デニム生地の製作工程についてのご案内です。 JAPAN BLUEは、熟練の職人と新しいアイディアの融合が魅力のデニムメーカーです。自社製織工場『児島製織所』で昭和の時代に活躍したシャトル織機9台を使い、デニム生地を製作しています。 ・紡績 SPINNING 綿花から糸をつむぐ紡績の工程。日本におけるデニム用途の紡績は、ムラ糸を紡ぐ技術力が非常に高いとされており、多種多様な糸を紡ぐ技術は世界最高峰のクオリティを誇ります。 ・整経  WARPING 紡績された糸をロープ状に束ね、縦糸をかけていく工程。次の染色工程で糸をムラなく染め上げるため、すべての糸を均一に巻き取ることが大切なポイントとなります。 ・染色  DYING 綿花を紡いで作った糸を染色する工程。「ロープ染色」と言うロープ状に束ねた糸を連続で染める方法で、ロープ糸をインディゴ液を通し、空気に触れさせ酸化させることにより藍色に染めていきます。 ・製織  WEAVING 糊付けされたタテ糸にヨコ糸を打ち込み、布に織り上げる工程。糸の種類(太さなど)やユーザーの要求に合わせて、生産するデニムのバリエーションや特性に合わせた織機を使用します。 ・整理加工  ORGANIZATION&FINISH 毛羽焼き・防縮加工・斜行防止加工などの最終仕上げ。デニム生地製品としての最終仕上げの工程。表面の毛羽を取る毛焼き、ヨジレを防ぐ斜行防止、生地の縮みを防ぐ防縮などの処理工程を経て、顧客の要望する風合いのデニムに仕上げていきます。 デニム商品は、通販やWEBでも販売しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいますと幸いです。 https://nunoya-toa.com/search?q=デニム

にしきいと

みなさまこんにちは。 店内商品から、にしきいとのご紹介です。 にしきいとは、京都の和装に使われていた金糸の技法を生かし、丁寧に作り上げた日本製の手刺しゅう用ラメ糸です。光沢感の違いがある5種類の糸があり、さまざまな刺しゅうのアクセントにお使いいただけます。 通販やWEBでも販売しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいますと幸いです。 https://nunoya-toa.com/search?q=にしきいと 錦(丸撚り)約20m巻 / 太さの目安:5~6番手 落ち着いた光沢と摩擦に強いのが特長で、タティングレースやタッセル作りにもおすすめ。4本撚りから1本ずつ引き抜いて使うこともできます。 鏡(たすき撚り)約20m巻 / 太さの目安:14番手 糸の撚り方とラメの分量により強い輝きを放つ糸で、キラリと存在感のある仕上がりに。柔らかい手触りでクロスステッチやフリーステッチにおすすめです。 玉虫(たすき撚り)約20m巻 / 太さの目安:11番手 フィルムのようなテクスチャーと、オパールのように多色に反射する光沢が特長。かすかに光を通す透明感が他には無いニュアンスを与えてくれます。 発泡水(たすき撚り)約20m巻 / 太さの目安:10番手 シャンパンの泡のようなきらめきを優しいパステルカラーに散りばめたラメ糸。手に取ればふわりと柔らかく、なめらかな手触りでスムーズに刺しゅうができます。 蛍(たすき撚り)約50m巻 / 太さの目安:25番手 パッと目を引く蛍光色のラメ糸。インパクトがあるので少量使いでも効果抜群。極細の糸なので好みの本数に引きそろえて使えます。

スポーツ手ぬぐい

みなさまこんにちは。 店内POP UPから、スポーツ手ぬぐいのご紹介です。 CHAORAS(チャオラス)の手ぬぐいは、スポーツ手ぬぐいを中心に日本の伝統的なものづくりから生み出される新しいアイデアをスポーツやアウトドアにマッチさせ、次世代につなぐTradition & Innovationにチャレンジするブランドです。 吸水性・速乾性に優れた手ぬぐい生地は、男女年齢問わずご使用いただけるので、ご自分用にもプレゼントにもおすすめです。 こちらは8月いっぱいまでの販売とさせていただきますので、ご了承くださいませ。 通販での販売も承っておりますので、お気軽にお問い合わせいただけますと幸いです。

タイシルク

みなさまこんにちは。 店内商品から色鮮やかなタイシルクのご紹介です。 シルクは熱伝導率が低いので、冬は暖かく、夏は涼しくお使いいただける代表的な通年素材です。吸湿性・放湿性(綿の1.5倍)が高く、夏の暑い日に汗をかいてもすぐに外に放出してくれるのでサラッと爽やかに過ごすことができ、クーラーの冷えにも対応してくれます。 チェック柄の布は世界の様々な地域で織られていますが、こちらは特に珍しい色合わせの生地です。平織りですがシルク繊維由来の光沢があることで、サテンのような上品さがあります。薄手でトップスやワンピースにお勧めです。また手入れは手洗いをお勧め致します。 素材:絹100% 布幅:115cm 50cm〜からご購入可能 通販やWEBでも販売しておりますので、数に限りがございますので、お気軽にお問い合わせくださいますと幸いです。 https://nunoya-toa.com/search?q=タイシルク

奈良県の貝ボタン・椰子の木ボタン

みなさまこんにちは。 店内商品から貝ボタン・椰子の木ボタンのご紹介です。 海のない奈良県でつくられる日本一の貝ボタン 『海のない奈良県で貝殻を使った貝ボタンがつくられるのか…?』多くのひとが疑問を持ち、興味をそそるフレーズです。大阪への船運に利便性を富む河川が流れていたことや農家の副業として効果的であったこと、町民気質が勤勉であったことが理由にあげられ、天然素材を生かした匠の技は、貝だけではなく椰子の木など、温もりを感じられる高品質のボタンが特徴です。 数多くの工程を経て生まれるボタンはオートメーションではなく、人の手による細やかな作業がクオリティの高い商品として愛されています。 通販やWEBでも販売しておりますので、数に限りがございますので、お気軽にお問い合わせくださいますと幸いです。 https://nunoya-toa.com/search?q=ボタン 直径10mm / 厚み1.8mm 黒蝶貝 天然素材を使用した最高級の厚みを誇る貝ボタン 直径15mm / 厚み2mm 最高級の厚みを誇る貝ボタン裏面を使用することも可能 直径10mm / 厚み1.8mm 高瀬貝 天然素材を使用した最高級の厚みを誇る貝ボタン 直径15mm / 厚み2mm 高瀬貝 天然素材を使用した最高級の厚みを誇る貝ボタン 直径10mm / 厚み2mm 椰子の木 木の温もりを感じるあたたかい印象のボタン 直径15mm / 厚み3mm 椰子の木 木の温もりを感じるあたたかい印象のボタン  

播州織ダブルガーゼ

みなさまこんにちは。 店内商品から播州織ダブルガーゼのご紹介です。 播州織は兵庫県西脇市を中心とした地域で生産される綿織物。先染めによる平織りが有名で、自然な風合いと先染めによる豊富な色彩、肌触りの良さで、品質が高いことが特徴です。 シンプルなダブルガーゼが多い中、布屋TOAではチェック柄をご用意いたしました。一重でマスクをお作りいただくと涼しくておすすめです!ダブルガーゼ購入のお客様にはマスクの型紙もお配りしています。 TOAのお客様にはご自分用・ご家族用・ご友人用にマスクを手作りされる方が多く、人気がございます。前回ご紹介させていただきましたストレッチゴムと合わせても素敵です。 通販やWEBでも販売しております。 数に限りがございますので、お気軽にお問い合わせくださいますと幸いです。 播州織ダブルガーゼは、下記URLよりご覧いただけます。 https://nunoya-toa.com/search?q=播州織ダブルガーゼ

リネンについて

 みなさまこんにちは。今日は、リネンの機能についてご紹介します。  リネンというのは、日本名では亜麻と呼ばれます。亜麻科の一種で、約8000年前から使用されている人類最古の繊維と言われています。 リネンが古くから親しまれてきた理由はどこにあるのか、3つの機能をご説明致します。 ・涼しい さらっとした表面感が着用しやすく、夏向きという印象の強いリネン。これには、リネンが綿の4倍の吸水性を持っているという特性が作用しています。汗をかいても肌に張り付きにくく、今の季節に最適です。 ・速乾性 こちらもこの時期に嬉しい機能。発散性や通気性に優れたリネンは水に濡れてもすぐ乾き、多湿な日本にぴったりの素材です。 ・丈夫 天然繊維の中で最も強い繊維と言われるリネン。水に濡れて強度が増すことで、洗濯しても傷みにくく何度も洗えます。 こういった機能性に溢れるリネン生地で、TOAがピックアップするのはこちらのふたつです。 ■リネンワッフル ワッフル織のこの素材は、タオルやブランケット、様々なシーンでお使いいただけます。 繊維自体に抗菌性があるので、キッチンでの使用にもぴったりです。使い込むほどにさらに柔らかくなっていきますので、風合いの変化も楽しんでみてください。 https://nunoya-toa.com/search?q=リネンワッフル ■ブリリアントリネン レザーのような光沢のある表面感で、一見、麻には見えない仕上がりです。 チンツ加工という、生地に圧力と熱をかけて特殊な樹脂で仕上げる加工を施すことで、このような風合いに仕上がっています。 通常のリネンに比べエッジが効いた印象を与えるので、例えばベーシックなペンシルスカートを作っても一味違ったリネンスカートになります。 https://nunoya-toa.com/search?q=ブリリアントリネン 今回のブログではTOA独特とも言える珍しいリネン素材をご紹介しましたが、この他にもベーシックな平織りなどを始め、多種多様なリネンを店頭にご用意しております。 ぜひ足を運んでご覧ください。

ピンクッション

みなさまこんにちは。 店内商品からピンクッションのご紹介です。 カゴの部分から手編みで、ひとつひとつ大切に作られたピンクッションは布屋TOA中野の人気商品です。ご自分用とご家族、ご友人へのプレゼントに数点まとめてお買い求めいただく方もいらっしゃいます。 すべて1点もので同じデザインは手に入らないので、どのピンクッションが店頭にあるか気になってくださった方は、お気軽にお問い合わせくださいますと幸いです。通販などでも販売可能です。 

注染手ぬぐいを使ったハンカチ

みなさまこんにちは。 店内POP UP、注染手ぬぐいを使ったハンカチのご紹介です。 注染とは古くから浴衣や手ぬぐいを染める日本独自の伝統技法で、特殊な糊で防染し重ね上げた生地の上から染料を注ぎ、模様部分を染め上げる型染めの一種になります。裏表両面を染色し、色柄の独特のにじみはプリントにはない味わいです。 綿は、知多木綿という愛知県、尾張知多一帯で織られる良質な木綿織物を使用しています。吸水性・速乾性に優れた手ぬぐい生地は、汗をたくさんかいて、たくさん洗濯をするこの時期におすすめです。 通販やWEBでも販売しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいますと幸いです。 注染手ぬぐいのハンカチは下記URLよりご覧いただけます。 https://nunoya-toa.com/search?q=手ぬぐいハンカチ