富士吉田産地

 

 

布屋では、
訪問させていただいた機屋さんの生地を扱わせていただくと共に、
その魅力をお伝えしていきます。


富士山の麓に位置し、
品の良いレトロシックな街並みが軒を連ねる富士吉田産地。
街のあちらこちらから機織りの音が聞こえてきます。

豊富で綺麗な湧水が使用でき、養蚕が盛んであったことで、
古くから日本屈指の織物の産地として知られています。

シルクを織っていたことから、
細番手で高密度な織物を得意し、
硬度の低い富士の天然水を使用することで得られる発色性の良さも魅力です。

また、”半農半機”というスタイルが根付き、
多くの機場の隣には田んぼが隣あ合い、
機屋さんが機を織ながら、農業を営みます。

そんな豊かな自然と密接なものづくりは、
一体どんな物なのでしょうか。


次回のブログより、
オーガニックコットンの前田源商店さん、ほぐし織の舟久保織物さん、座布団生地を織られている田辺織物さんを順にご紹介していきます。

Share:

Older Post Newer Post