店内POP UP・注染手ぬぐいのご紹介

みなさまこんにちは。
店内POP UP、注染手ぬぐいのご紹介です。

注染とは古くから浴衣や手ぬぐいを染める日本独自の伝統技法で、特殊な糊で防染し重ね上げた生地の上から染料を注ぎ、模様部分を染め上げる型染めの一種になります。裏表両面を染色し、色柄の独特のにじみはプリントにはない味わいです。綿は、知多木綿という愛知県、尾張知多一帯で織られる良質な木綿織物を使用しています。


ロール巻きで販売する手ぬぐい生地は数量が限られており、非常にめずらしいので、この機会にいかがでしょうか。
吸水性・速乾性に優れた手ぬぐい生地は、浴衣、甚平、お洋服、ハンカチにおすすめです。

また、店頭では手ぬぐいを使ったアロハシャツ、トップス、ワンピースの受注もお受けしておりますので、次回のブログにまとめさせていただきます。

Share:

Older Post Newer Post