注染手ぬぐいを使ったハンカチ

みなさまこんにちは。
店内POP UP、注染手ぬぐいを使ったハンカチのご紹介です。

注染とは古くから浴衣や手ぬぐいを染める日本独自の伝統技法で、特殊な糊で防染し重ね上げた生地の上から染料を注ぎ、模様部分を染め上げる型染めの一種になります。裏表両面を染色し、色柄の独特のにじみはプリントにはない味わいです。

綿は、知多木綿という愛知県、尾張知多一帯で織られる良質な木綿織物を使用しています。吸水性・速乾性に優れた手ぬぐい生地は、汗をたくさんかいて、たくさん洗濯をするこの時期におすすめです。

通販やWEBでも販売しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいますと幸いです。
注染手ぬぐいのハンカチは下記URLよりご覧いただけます。

https://nunoya-toa.com/search?q=手ぬぐいハンカチ

Share:

Older Post Newer Post